【レビュー】マカロニえんぴつ おすすめミニアルバム「season」の魅力”絶妙な表現”について

「スポンサーリンク」

「スポンサーリンク」

話題のバンド「マカロニえんぴつ」とは?

最近はテレビやラジオなど様々な場面で名前を見るようになりました。
すでに知っている人は”今更!”なんて思っている人も。

2012年結成し、実は音大卒のメンバーで結成されたバンド。

ロックバンドとも言っている人もいますが、実際は”ロック”よりも”ポップ”と言った方が印象としてはピッタリかもしれないですね。
個人的には「マカロニえんぴつ」の曲には優しさや哀愁など様々な感情が入り混じっている印象だ。

【メンバー】
Gt,Vo:はっとり
Ba:高野賢也
Gt:田辺由明
Key:長谷川大喜

ちなみにGt,Voである「はっとり」は本名ではない。
このあだ名はユニコーンの「服部」というアルバムから取られているようでした。
そのせいで大学時代はまぼろしの生徒と言われていたそう。(どこを探しても”はっとり”という生徒がいなかった為。)
彼らのルーツになるのが「ユニコーン」ということもあり、彼らの楽曲のポップなところはその影響かもしれませんね。

大学卒業後、根強く活動を行っていたのですがなかなかブレイクのタイミングを逃し、、、毎年「ネクストブレイクアーティスト」と言われてました。しかし、それもついに終わりを迎える。
ついに、ついに時代が「マカロニえんぴつ」の音楽に追いついたような気がする。

本記事ではミニアルバム「season」の楽曲から語っていきます!

「スポンサーリンク」

優しさ溢れる曲に添えた若者へのメッセージ

「ヤングアダルト

「ヤングアダルト」は個人的に何度聴いても良い、その良さは聴くたびに気付けることがあるからだ。

第一印象はわかりやすく”優しさ”
その優しさが楽曲以上に大きくて、安心感がある。
しかし、その中でも悲痛な表現や哀愁が混じっている、

「手首からも涙がこぼれないように」

この歌詞に込められたメッセージがこの曲のポイントになっている。
こんな感じで様々な表情が1曲の中で見えるのが素晴らしい。(誰目線…笑)

ポップなギターとドラム、はっとりの歌い方と歌詞にこもっている感情。
肩の力がスッと抜けていくような優しさと歩くリズムに合わせているようで、
サビのちょっと泣けるコード進行とメロディが歌詞とマッチしていて、グッと来てしまう要素がある。
これぞ”優しさ”の正体かもしれない。

そしてメロディだけでなく歌詞にも注目してもらいたい。
愛情を求める時代の背景に合わせた、20代に刺さる言葉をキレイにまとめて、胸を打ってくる。
狙ってやっているなら相当、策士である。

個人的にはぜひ夜のひとときに聴くのがおすすめ。

 

青春と一瞬

今作で「ヤングアダルト」と同じくらい注目の曲です、ちなみにこちらはマクドナルドのCMタイアップ曲でもあるので、期待値も高い。

跳ねる感じと切ないメロディが楽しめるナンバー、暗い感じはあまりなく未来への希望を歌っている。

まさに曲名通りの「青春と一瞬」がイコールだなって20代の人には共感しやすい、過ぎた日々が懐かしくなるサビが良い。

「スポンサーリンク」

まとめ

勝手な推測だが、最近はロックよりもポップが好まれている傾向があるからのように思います。
(サカナクション、Official髭男dismとか)

最近はテレビの出演も増えてきて、この追い風を生かしてどこまでも羽ばたいて行ってほしい!

曲の出来の良さがあるので、あとは本当に認知度をあげればすぐにでも”ブレイクアーティスト”の仲間入りを果たす実力がある。

今年こそは、、、新たな人気バンドの誕生を見れるかもしれません。
それがマカロニえんぴつであることを祈ります、広まれ〜!

これまでの代表曲もあるこちらのアルバムも入門編におすすめです。

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました