コラムThe BirthdayThee Michelle Gun Elephantアーティストチバユウスケ

感謝を込めて「チバユウスケ」が活動した2つのバンドのおすすめしたい曲を語る。

「プロモーション」

※当サイトは活動継続のため、アフィリエイト/広告を使用しています。

永遠のロックスター「チバユウスケ」のこと

これを書いているとき、同時にこんなことは書きたくなかったなと思った。
多くの人に愛され、そして多くのミュージシャンに影響を与えたロックスター「チバユウスケ

2023年も終わりが近づく頃、彼の訃報に涙を流した人は少なくない。

悲しい、というより虚しい、これからも聴けるはずの彼の歌う曲が聴けなくなった。
そんな喪失感に包まれてしまった人は多くいるだろう。

自然と彼がこれまで残してきた曲を改めて聴きたくなり、主に活動をしてきた2つのバンド「Thee Michelle Gun Elephant(以下、ミッシェル)」「The Birthday(以下、バースデイ)」の曲を再生してみた。(ROSSOはまたいづれ。)

前提として、どの曲も素晴らしいことは間違いないのだがこんな機会でも初めて聴く人にもおすすめしたい曲を紹介していきたい。

ではれつごー。

「プロモーション」

伝説のバンド「Thee Michelle Gun Elephant」の曲

まずはミッシェルの曲を取り上げてみる。このバンドの何が凄いか、伝説と呼ばれている理由は紹介しているコンテンツが沢山あるのでここでは割愛します。ありきたりだもんね。

おすすめの曲はなにかな~と調べてみて、これまで聴いたことがなかった昔の曲まで遡ってみる。
そうすると、チバの声が若いなとか、まだギターが荒々しくないなとか、どんどん楽しくなってきた。

自分の思い出をおもちゃ箱をひっくり返す子供のようにぶちまけて、眺めてみると、なんでかEP「wonder style」の「バランス」って曲をよく聴いていたことを思い出す。

正直、なんでこの曲を聴いていたのかはわからなくて、イントロも1分くらいずっと不穏な音楽が流れてて、全然曲が始まらないし、なんで??当時の自分??と疑問だったけど、イントロのフレーズが妙に軽快で、

バランスをうまくとりたくて、あの子は叫ぶけど~

とか

自転車にうまく乗れない

あ、そういう曲!って妙に印象に残ってたし、今も社会という乗り物にはうまく乗れていない自分へのメッセージでもあったのかなと思った。

良ければ聴いてほしい、あとは多分一番人気のナンバーだけど、「世界の終わり」

メジャーデビュー1曲目にしては、パンチがある。
息継ぎする間もなく力強い演奏、訴えかけるようなチバの歌声。

個人的には、あまり好きな曲ではなかったがこの機会に聴いた時に徐々に好きになった。
最初のパワーというか、誰にも負けない、負けたくないと気迫すら感じた。

好きだという人が多い理由もよくわかる。

「世界の終わり」という圧倒的な絶望と対比するくらいいつも通りの生活。
紅茶飲み干して、静かに待つ、パンを焼きながら、待ち焦がれている。

印象的な歌詞にもまた惹かれる理由がよくわかる。

一つはマニアック、もう一つは定番ですが、ぜひこの2曲は聴いてほしい。

「プロモーション」

圧倒的な存在感を放つ「The Birth day」の曲

知名度としてはミッシェルの方があると思うが、入院するまで活動を続けてきたバースデイも良い曲が揃ってます。最近だと映画「スラムダンク」の曲も歌っているし、10-feetくらい知名度上がっても良かった。

そして何がおすすめかというと、定番だけど個人的に一番好きなのは「なぜか今日は」

ギターリフから展開が広がっていく、期待感のある曲は曲名通り「なぜか今日は」という感覚的なものを表している。

歌詞の羅列が面白くて、疾走感があって、どこかにある都市のワンシーンを切り取って、色々な人がいるけど、みんなが「なんか今日は」「きっと今日は」と今日という日に何かを思い描いている様が面白くて。
聴いている今、その登場人物の一人のように、「なんか今日は」と空を見上げてしまう。

あとはバースデイの初期曲になる「stupid」

この曲を聴いた時、一瞬「a flood of circle」のボーカル佐々木亮介を思い出した。
ハスキーロックボイスはチバに次いで良い声だと思う。

話を戻して、これぞロックナンバーの歌詞。
独特の世界観と「I know, i’m a stupid.」という印象的なフレーズ。

絶望と希望、神様と悪魔の両極端なものを同じ土台で表現する言葉選びが秀逸で、いい曲だなと思った。
この曲が入っている「Rollers Romantics」というアルバムがおすすめなのでぜひ聴いてほしい。

「プロモーション」

まとめ

人の死は悲しい、それが身内であったり、自分にとって影響を受けた存在であれば尚更だ。

私は正直、彼を知るのが遅かったくらいだ。
それこそもっと意識的に聴いておけばよかった、ライブにも行けばよかった。

こんな形ではあったが、機会があったから、彼の魅力に気付いくことができた。
気付いた今だからこそ、よりチバユウスケがいなくなったことが悲しい。

この記事でもし私と同様の気持ちになったら、また彼の音楽を聴こう。
チバユウスケの音楽は死んでいない、これからも生き続けるのだから。

直前までレコーディングされていた曲もリリースされる。
どんな形であれ、まだ新曲が聴ける楽しみがあったことを嬉しく思う。

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました